« いっそう薬漬けに… | トップページ | 昨日は台風のためほとんど仕事できず »

2004年09月05日

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG #18

いま、攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG #18 を見終わった。
なんか、タイトルからして「天使の詩」だもんなぁ。
ベルリンでの任務のため、バトーがジーゲスゾイレ(戦勝記念塔。通称『天使の塔』)の勝利の女神ビクトリア像の肩に乗っているあたりなんかは、
まんまヴィム・ベンダース監督1988年「ベルリン天使の詩」だもんなぁ。
しかも光学迷彩で、天使のように人の目には見えないようにしているあたりも完全に意識していますね。

攻殻機動隊は前シリーズでもJ.D.サリンジャー著「ライ麦畑でつかまえて」(しかもどっかで見たような表紙装丁)を出してきたり、ダニエル・キイス著「アルジャーノンに花束を」もどっかで見た装丁だったし。

こういった細かいところにも注目するとより面白くなりますね。

Posted by masamic at 12:01 [アニメ・コミック, 映画・テレビ, 書籍・雑誌] | 固定リンク

既トラックバック送信先


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26301/1361333

※トラックバックスパム対処のため、トラックバックは承認制となっております。明らかにスパムと思われるものでなければ公開を原則といたしますので、あらかじめご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: 攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG #18:

コメント

コメントを書く