« ネタなし。とりあえず7ヶ月継続。 | トップページ | STARGATE SG-1 第7シーズン来春放送開始! »

2004年11月01日

NS-2 の ShadowingVis (ry (その後)

ShadowingVisクラスでは、遮蔽されたノード間の場合と、遮蔽されていないノード間の場合のそれぞれにShadowingクラスとそのサブクラスのインスタンスを設定できると書いた。

いろいろ調べてみると、Propagationクラスのサブクラス(たとえば TwoRayGround クラス)のインスタンスも許すようにしても特に問題ないように見える。メソッド Pr(PacketStamp* tx, PacketStamp* rx, WirelessPhy* ifp) をインプリメントしたクラスのインスタンスであれば問題ないはず。なお、Propagationクラス自体はPrメソッドをサポートしない(インプリメントしていないことを表示してアボートする。)

ちなみに TwoRayGround クラスはノード(アンテナ)の高さが同じであることを想定している。異なっているとwarningが出る。

Posted by masamic at 19:49 [NS-2, 仕事] | 固定リンク

既トラックバック送信先


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26301/1830690

※トラックバックスパム対処のため、トラックバックは承認制となっております。明らかにスパムと思われるものでなければ公開を原則といたしますので、あらかじめご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: NS-2 の ShadowingVis (ry (その後):

コメント

コメントを書く