« なんか昨日から今日にかけて、いつもより2~3倍アクセスが多いと思ったら… | トップページ | 検索ワードで「subversion 無視 $Revision」というのがあったことで一言。 »

2004年11月17日

今は亡き祖父はアインシュタインの講演を聞いていた。

MSN-Maicnichi INTERACTIVE発信箱:「理系音痴」が動かす国 元村有希子」より。

>82年前のきょう11月17日、世紀の偉人が来日した。相対性理論を提唱したアインシュタイン。
>立役者は「改造社」社長で新聞記者出身の政治家、山本実彦。
>彼は現在で1000万円相当の報酬を支払い、各地で講演会を催し大成功を収めた。

この催しは福岡でも行われた。そのとき今は亡き私の祖父が講演を聴きに行っていたのである。この事実を知ったのは、私が理論物理学で、一般相対性理論をベースに研究をしていたときだった。そのとき祖父はもう亡くなっていた。

なんという奇遇なことだろう。

もっとも、祖父がアインシュタインの講演内容を理解できたとは思わないし、私も数学で挫折して今はプログラマーの身だ。

しかし、私は間接的ながらアインシュタインとかなり近いつながりがあったのだ。人から言わせればなんてことはないかもしれないが、私にとっては「大好きだった祖父と偉大なるアインシュタインと私の関係」という大切な思い出となったのである。

追記2004/11/21>福岡での講演の様子その1(当時の写真は残念ながらない)。
追記2004/11/21>福岡での講演の様子その2(当時の写真は残念ながらない)。

ちなみに私が在籍した共同ゼミの先生方のお一人は、あの大槻教授の弟子なのだ。(w

Posted by masamic at 15:07 [日記・コラム・つぶやき, 歴史, 科学・技術] | 固定リンク

既トラックバック送信先


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26301/1986093

※トラックバックスパム対処のため、トラックバックは承認制となっております。明らかにスパムと思われるものでなければ公開を原則といたしますので、あらかじめご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: 今は亡き祖父はアインシュタインの講演を聞いていた。:

コメント

単純に、すげえ!
でも、オイラの出身大学にも来たって記録あるぞい。
#つまらねー自慢話だな、こりゃ

投稿者: ええねん (2004年11月17日 20:08)

そう。端から見れば単なる自慢話とも取れるのだが。

実際、アインシュタインの講演には各地で溢れんばかりの人々がやってきたといわれています。福岡でもおそらく100人以上の人が聞いているはずなので、今30~40代くらいの人で祖父母が聞いたことがあるって人も結構居ると思います。

私場合は、アインシュタインは特に尊敬している人の一人ですから、その事実を知った時の感激は今でも忘れられないものとなっています。

投稿者: masamic (2004年11月17日 20:23)

つまらねー自慢話 ってのは、うちの大学に来た
という事実への修飾ですね。悪意ではないんで
そこんとこ宜しくお願いいたします。

来日当時の熱狂というのは、当時の日本人の科学に
対する好奇心の強さを強く感じます。今はどうでせうね。

ちなみに、このところやたらとエントリが多いんですが
もしかして暇?(失礼)
ではでは。

投稿者: ええねん (2004年11月17日 20:43)

暇じゃないです。かといって忙しくもない。
ちょっと記事を書くくらいの時間はとりやすいということです。

投稿者: masamic (2004年11月17日 20:53)

もひとつ付け加えると、

ns-2とかSubversionとかあまり日本語情報のないシステムを調べた結果などを記事にしたりするので、投稿数が多くなります。NS-2とかSubversionとかのカテゴリがあるのはそのせい。

投稿者: masamic (2004年11月17日 21:12)

コメントを書く