« 仕様変更 | トップページ | 「サンクステイル」プレゼント »

2005年03月04日

運輸多目的衛星新1号機(MTSAT-1R)静止軌道へ

H-IIA 7号機にて打ち上げられた運輸多目的衛星(MTSAT-1R)が、静止トランスファー軌道(GTO)から3回のアポジモータ噴射に成功し、予定通り静止軌道へのコースを飛行中だ。

残るは、太陽電池パドルとソーラーセイルを展開(アンテナはGTO投入直後に展開済み)し、所定の静止軌道にて静止化、各種観測通信機器のチェックが行われる。気象関係の機器は早ければ3月中には試験運用、5月には本格運用を開始できる予定。航空管制機能についても本年末までには一応本格運用に入る予定。航空管制機能については、基本的に2機体制で行うことになっているが、まもなく納入される運輸多目的衛星2号機(MTSAT-2)が次年度(平成17(西暦2005)年度)中に打ち上げることが決まっているため、それまでは実質的には試験運用ということになるだろう。

衛星投入も最終ステージになってきた。うまくいくことを切に願う。

Posted by masamic at 14:37 [科学・技術, 航空・宇宙] | 固定リンク

既トラックバック送信先


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26301/3167749

※トラックバックスパム対処のため、トラックバックは承認制となっております。明らかにスパムと思われるものでなければ公開を原則といたしますので、あらかじめご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: 運輸多目的衛星新1号機(MTSAT-1R)静止軌道へ:

コメント

コメントを書く