« 入院日記:61日目 | トップページ | 入院日記:62/63日目(まとめ) »

2005年06月05日

感想#06「交渉人 真下正義」

交渉人 真下正義」(リンク先は「ODORU-LEGENDシリーズ」オフィシャルサイト)を昨日見てきました。

評価:星4つ(★★★★☆)

大変面白かったです。今の日本は映画会社よりもTV局のプロダクトの方がエンターテイメント性としてはすぐれているのが良く解る。

いろんなネタが散りばめられていて、STコスプレ男もST-TMP(StarTrek: The Motion Picture)とその続編での制服姿ででてたし、秋庭 俊・著「帝都東京・隠された地下網の秘密」及び同著「帝都東京・隠された地下網の秘密〈2〉地下の誕生から「1‐8計画」まで」のネタもあるし、フリーゲージトレイン「クモE4-600」も、地下鉄ではないけれど同様のことが新幹線への乗り入れを考慮した実験として実際に試作車両が作られて行われている。またTTRのネタとなった東京メトロの地下鉄網が私鉄乗り入れを考慮して、2つのゲージが混在しているという事実。給電システムの違い、ダンパ、脇線の存在の事実。実に上手い。

強いて問題点を2つ挙げれば、

1. 地下鉄では携帯電話の電波は届きにくいはず。確実性を得るためにはリピーターの設置が必要と思われる。この点の言及なし。
2. 路線変更にはポイントの切り替えが必要。列車からポイントの切り替え指示はできないと思うが。これについては一切言及なし。

か。

とはいえ次回作への伏線もしっかり張ってありw、十分に安心して楽しめる映画だ。

Posted by masamic at 10:48 [映画・テレビ] | 固定リンク

既トラックバック送信先


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26301/4416245

※トラックバックスパム対処のため、トラックバックは承認制となっております。明らかにスパムと思われるものでなければ公開を原則といたしますので、あらかじめご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: 感想#06「交渉人 真下正義」:

コメント

そうですよね、おもしろいですよねぇ。
STコスプレはひとりで笑ってました。あとは、あんな検索システムのパソコンほしい、とか、電子(磁気)媒体シーンとか、これまたひとりで笑ってましたよ。
(^▽^;)

投稿者: イメカ (2005年06月05日 20:09)

イメカさんこんにちは。

>電子(磁気)媒体シーン

ZIP,JAZZ, 磁気テープまで…。「(新しいメディアで)バックアップ取っとけよ!」に頷きつつ(心の中で)爆笑しました。とりあえずあのシーンは笑いを堪えるのに必死でした。

しかしあんだけ早くしかも的確に検索できるシステムが本当にあったらすごいですね。

音声から単語を切り出すディクテーションはかなり実用的になってますが、エシュロンでさえ、あらかじめ登録された辞書と音声・文字・画像との照合と、辞書の登録情報にマッチした情報の記録をするにとどまっているし。

投稿者: masamic (2005年06月06日 11:09)

コメントを書く