« スタトレファンイベント参加できず。orz... | トップページ | 政教分離の話 »

2005年10月03日

風邪引いてちょっときつい、でも仕事は楽しい。

まだ少し頭がボーとしている。
判断力までは鈍ってないからひどくはないけど、うちに帰る途中で薬局によって風邪薬飲むまでは鼻水が止まらなかった。

仕事のほうは開発用ローカルデータベースの設定、同データ投入、画面関係のクラスの使い方を同僚と話しながら作業したので、まあ楽なほうだっただろう。

現在開発しているパッケージ(シュリンクパックではない)はWebアプリケーションだが、オリジナルで構築したWebアプリケーションフレームワークはほかのものと比べると若干野暮ったい(かつ回りくどい)ところもある。

理由としては、このパッケージが基本的に顧客に提供するにあたって、顧客のニーズに合わせて容易にカスタマイズ出来ることを前提としていることに起因している。

つまり、トータルの原価を考えると、開発者自体がカスタマイズ作業に取られるほど高くつくものはないので、営業(もちろん必要な技術力はある)や、スクリプトが書ける程度のバイト君でも相当なレベルでカスタマイズできるように作ってあるのだ。

この点は非常に感心した。トータルなコストを抑えるためにはとてもいいアイデアだと思う。開発中のパッケージは他社と競合している分野でもあるので、これが、品質を下げずにコストを下げる方法なんだということをひとつ勉強(正確には頭ではわかっていても経験がなかったので、実感したといったほうが正確か)したと思う。

今までは、受託開発(つまり一品モノ)だけだったので、パッケージ商品(+カスタマイズ)(つまり多売モノ)のような開発はやはり少し違うなということか。

入社してからず~っとこう行った方面の開発もしたかったのだけれど、なぜか機会に恵まれなかった。やっと機会が出来てよかったと思う。

病気のほうの問題がほとんどなくなると、また受託開発のほうに行く事になるかもしれないので、今のうちにたっぷり考え方を吸収しとこう。品質を下げずにコストを下げるという点では、役に立つに違いないから。

Posted by masamic at 20:45 [プログラミング, 仕事, 心と体] | 固定リンク

既トラックバック送信先


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26301/6235702

※トラックバックスパム対処のため、トラックバックは承認制となっております。明らかにスパムと思われるものでなければ公開を原則といたしますので、あらかじめご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: 風邪引いてちょっときつい、でも仕事は楽しい。:

コメント

コメントを書く