« 長崎小旅行(ドライブ) | トップページ | 第11回オリゲーフェスタ☆68に行ってきた。 »

2008年04月29日

九州国立博物館に行ってきた

G.W.モード企画第2弾w。

実家で一泊して、自宅に戻る途中、初めて九州国立博物館(略して「九博」(きゅうはく))に行った。

九博は福岡県太宰府市に日本で4番目、108年ぶりの新設国立博物館として2005年開館。

それより108年前設立された国立博物館である京都国立博物館が1897年に開館して以降、かの岡倉天心が約100年前に九州博物館を提唱して以来の悲願の国立博物館だ。

歴史博物館としての国立博物館は九博が最初で、国立博物館としての規模も(今現在)最大ということだ。(以上、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から要約)

ということで行ってきたんだけど、いやぁ、凄いね。収蔵物は東京・京都の各国立博物館から移管したものが多いようだけれども。

因みに、歴史的国宝として有名な「金印」はココには無い。福岡市博物館に収蔵・展示されている。九博に行っても見れないのであしからず。

まあ、それとは別に楽しみだったのは、「シアター4000」。これは、2002年にNHK放送技術研究所が開発した次世代ハイビジョン「スーパーハイビジョン」の国内(いや世界といっても良いか)唯一の常設設備だ。

スーパーハイビジョンは、走査線数が4320本、総ピクセル数が現在のハイビジョンの約16倍、音声は22.2チャンネルというものすごいもの。2015年に試験放送を開始して、2025年には本放送にこぎつけようと、また、次世代ハイビジョン規格として世界に先駆けて提案し、国際規格としての足場を固めつつあるようだ。

自分は、たまたま2002年の技研公開(リンク先は今年のページ:5月22日~25日に開催)でこれが初公開されたときに実際に見てて、その凄さに圧倒された経験があった。そのときはまだコンテンツが十分では無かったのだけど、ここ九博では博物館作成の4本の作品のうち何れか2本が見られるようだ。

さらに興味を引いたのはミュージアムショップの九博オリジナルグッズw。

針聞書」(はりききがき)と呼ばれる書物に書かれた架空の病原虫をぬいぐるみとかフィギュアにしたもの。ちょっとかわいいじゃんw。ミュージアムショップも今はこれを強くプッシュしている模様w。

ということで、次回はバックヤードツアーとかにも行ってみたいなぁ。

Posted by masamic at 21:15 [文化・芸術, 旅行・地域, 歴史] | 固定リンク

既トラックバック送信先


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26301/41035291

※トラックバックスパム対処のため、トラックバックは承認制となっております。明らかにスパムと思われるものでなければ公開を原則といたしますので、あらかじめご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: 九州国立博物館に行ってきた:

コメント

コメントを書く