« 非日本語ネイティブな人からのご指名電話を断った | トップページ | Tゲージ (鉄道模型) »

2008年09月23日

ns-2の話

最近お二人?の方からns-2に関するコメントとメールをいただいた。
#メールを頂いた方には後でお返事する予定。

お二方ともアドホックネットワークでのホップ数制限と遮蔽物の扱いに関するご質問でした。

実のところ、ここ数年ns-2には触れていない(最後に使ったバージョンはns-2.27あたりでした)ので、具体的なお答えはしかねるくらい、記憶が定かでないのです。

ですので、ご質問の内容には、今はお答えすることが出来ないことをお詫びします。

とはいえ、完全に忘れてしまっているわけでもないので、わかる範囲でお答えしようと思います。

まず、ns-2におけるAODVの実装は、AODV-UUとMANETの二通りあり、設定が微妙に違っていたような気がします。

AODVでのホップ数制限は _TTL あたりをいじればよかったかもしれませんが、それでうまく制限がかからないようであれば、私にもわかりませんとしか言いようがありません。

以前のns-2がらみのお仕事では、確かにAODVやMobileIP関連で新しいノードクラスを作ったりしましたが、残念ながら詳細は忘れてしまいました。

次に、遮蔽モデルは、実際には使ったことは無いですが、そういったモデルが存在することは確認しています。

このモデル(ShadowingVis Propagation Model)では、実験するフィールドにマップしたグレイ画像の濃淡で、遮蔽率を設定するものであったように記憶しています。(過去エントリ/過去エントリその2

すなわち、ある場所に対応するピクセル値が255であるなら、そのピクセルを通過する電波は完全に遮蔽されるといったものであったと思います。

ですので、モデルにグレイ画像をマップすることで、遮蔽物などを設定できるようになっていたはずです。ただし、(当時の)無線電波の伝播モデルは、あまりちゃんと高さのことを考えていなかったようなので、高さを考慮したシミュレーションには使えなかったような気がします。
#通常のモデルでは、Two-Ray Ground Propagation Modelを使っているのにね。

あと、Topographyモデルを使うと、地形を表すこと出来るらしい

なんか、取り留めの無いエントリで申し訳ない。

#また実行環境作ろうとしてたりしてw。

Posted by masamic at 22:46 [NS-2, オープンソース, パソコン・インターネット, 科学・技術] | 固定リンク

既トラックバック送信先


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26301/42571982

※トラックバックスパム対処のため、トラックバックは承認制となっております。明らかにスパムと思われるものでなければ公開を原則といたしますので、あらかじめご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: ns-2の話:

コメント

無線のシュミレーションにおいて通信範囲を変更したいんですが,方法はスクリプトの中のtclでPhy/WirelessPhy set Pt_ 〇  の値を変更して,setdest.cc のconst double RANGE 〇の値を変更すればいいんですかね???

あとmakeコマンドについてなんですが,cygwin立ち上げた時の黒いウィンドウっでやるのか,startxのwウィンドウどちらでやるのが正しいでしょうか?

投稿者: ITO (2008年09月29日 13:45)

コメントを書く