« 2010年7月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年09月19日

[映画] 地球侵略:ロサンゼルス決戦

暫くほったらかしですみませんでした。仕事が忙しく書く気力するら無くなっていたので。映画は時々見ていたにもかかわらず、まったく書けずにいました。今は休職中で、少し気力が戻ってきたので、また再開したいと思います。よろしくお願いいたします。

さて、この「地球侵略:ロサンゼルス決戦」、twitterのTLでも誰かツイートしてましたが、まさに「戦闘の最前線で戦う海兵隊すばらしい!」、アンクル・サムの「WE WANT YOU!」がどっかに貼ってありそうな、そんな感じの映画です。

また、敵異星人と人類とのテクノロジーと戦力にあまり差を設けない設定になっているため、戦闘開始初期は大きな被害を被びたものの、映画の最後は、「さあ、これから反撃だ!」といった内容で終わります。

そういう意味では、異星人を普通のどっかの国に置き換えても内容的にそれほど大きな差異を感じない「普通の戦争映画」といっても良いかもしれません。

<以下あらすじ>

突如として現れた隕石群が各国の大都市近くの海に落下。しかし着水直前に隕石が減速していることがわかり、何らかの知的生命体による飛来が疑われ、各国は全面戦闘体制に入った。

本映画では、世界中が異星人の攻撃を受けている中での、カリフォルニア地域でのアメリカ海兵隊の活躍を描いている。

異星人は航空力学によらない大気中での飛行テクノロジーをもった攻撃用飛行物体と大量の歩兵を投入し、一気呵成に侵略を進めていく。

アメリカ海兵隊の第一小隊が、戦闘地域として設定された中への空爆開始までに警察署に取り残された民間人を救助するために戦闘区域に向かう。
敵の規模、武器、戦闘形態などが不明な中、チームは損耗しながらも、別の損耗したチームと合流し、民間人の確保に成功した。

このとき、たまたま動くことにできなくなった敵兵士を捕獲し、その弱点を知ることとなる。

これにより、敵歩兵を効率的に撃破していくことが可能になり、民間人と、海兵隊員たち(一部空軍など兵士も混じっている)は無事ヘリにより救助された。

ここで途中で合流した空軍の女性兵士が調べていた情報からがヘリの飛んでいる近くに敵の中枢があることに気づいた二等軍曹は、自分ひとりで敵の中枢を偵察に向かうというが、部下も一緒についていくことになった。

そうして、小競り合いを行いながら、ついに敵の中枢を見つける。これを破壊すれば、制空権を得られることから、
上層部にレーザー照準型巡航ミサイルの発射を要請。受理された。数分後にはミサイルがやってくる。

敵に囲まれ、なかなか照準を中枢部に向けることができず苦労するものの、最終的に中枢部を破壊。
基地へと帰還した。

敵兵士の弱点と、中枢部見つけ方を各国政府の軍隊に伝えることで、全世界での人類の反撃が始まる。

<おわり>

Posted by masamic at 23:09 [映画・テレビ] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック