« [映画] RANGER 陸上自衛隊 幹部レンジャー訓練の91日 | トップページ | [映画] アントキノイノチ <ちょっとネタばれあり> »

2011年11月27日

[映画] 探偵はバーにいる <ネタばれなし>

北海道(あるいは水曜どうでょう)で有名な大泉洋を主演に札幌のススキノのバーを連絡場所として使っている探偵が、あることをきっかけに騒動に巻き込まれる話。

自分は九州に住んでいるので、実は大泉洋が北海道でどれほど人気があるのかは、キー局にも進出するくらいの有名度であることは理解しているていどで、水曜どうでしょうも何度かは見たことあるくらいです(最長走行距離高速バスはかた号の話とか)。

九州には似た番組で「ドォーモ」という番組が九州の大部分をネットしている(九州では福岡県の局か地域(準)キー局となって九州各局に番組のとりまとめをしている)ので、ほかの地域に比べると大泉洋の認知度は低いかも知れません。

どうでもいい話はここまでにして、(をぃ

事の発端はこうだ…

ある男が殺された。しばらくして、バーにいる探偵に「ある男に、『ある日カトウという男はどこにいたか』を聞いてほしい」と依頼をしてきた。依頼をしてきたその女性の名前は、実は1昨年の放火で死んだ人間だった。

最後まで事の真実がどうなのか、依頼をしてきた女性は誰なのか、自信が持てないくらいの出来です。舞台を札幌・ススキノにする必要はあまり無い(活用できていないかなぁ。)という感じです。非常にもったいないです。

少し前に書いた九州ローカル配給の「ラーメン侍」よりかはるかにいい出来です。全国配給されるだけのことはあります。

Posted by masamic at 23:39 [旅行・地域, 映画・テレビ] | 固定リンク

既トラックバック送信先


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26301/53350548

※トラックバックスパム対処のため、トラックバックは承認制となっております。明らかにスパムと思われるものでなければ公開を原則といたしますので、あらかじめご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です: [映画] 探偵はバーにいる <ネタばれなし>:

コメント

コメントを書く