カテゴリ:ポケットコンピュータ


2012年09月01日

シャープのポケコンPC-1251のドッキングステーションCE-125の修理

Pc1251ce125s古いシャープのポケコンPC-1251を使えるようにしようと、ドッキングステーションCE-125の修理をしている。

修理のしかたはKyoro's Room Blog CE-125Sのメンテナンスを参考にした。


Ce125で、内蔵Ni-Cdバッテリーを交換(ついでに容量を500mAhから1000mAhへアップ)したところ、バッテリへ充電できることを確認。加えてプリンタも問題なく動いていたが、マイクロカセットテープドライブが動かない。モータの音はするけど動かないので、モーターの駆動が伝達できていないようだった。

ドライブを取り外してみると、

Ce125tapedrive_3左側に見えるモータから真ん中のシャフトを繋ぐベルトが溶けていたw。

モータとかに溶けたベルトがべっとり付いていたので、アルコールでふき取って、ベルトをすべて交換することにする。このために千石通商から、0.95Tのベルトを、カウンター駆動用(横に長いベルト)にφ50mm、ほかの2つ用にφ35mmのベルトを通販で注文した。

届いたら取り替える予定。

とりあえず以上。

Posted by masamic at 21:09 [パソコン・インターネット, ポケットコンピュータ, レトロコンピュータ, 科学・技術, 電子工作] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)