カテゴリ:文化・芸術


2008年08月02日

東京進撃中w

昨日から、東京に来ています。

今日の某イベントに参加するためです。
イベントは盛況のうちに終わりました。

始めた当初は、ちょっと心配もありましたが、
スタッフの皆さんの頑張りによって、素晴らしいものとなりました。

明日まる一日は別の用があったはずなのだけれど、なくなったので、さて、どうしようかと。
真夏日だろうしなぁ。

つい先日、デスクトップPCがお亡くなりになったので、調達するということもちょっとだけ考えたけど、荷物が増えるので速攻で却下。あんまり荷物になるものは買いたくないんだよねぇ。

う~ん、博物館めぐりとかするかなぁ。

Posted by masamic at 22:08 [encafe, イベント, パソコン・インターネット, 文化・芸術, 旅行・地域, 科学・技術, 電子工作] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2008年05月05日

第20回 CG アニメコンテスト作品上映会(東京)

G.W.モード企画第4段w。

今日は「第20回 CG アニメコンテスト作品上映会(東京)」を見に行きました。

20回目の今年は、いつもよりちょっと長め12:30~18:30の長丁場。

オープニングムービーからして、今まで19回の代表的な作品を一点ずつ紹介するという趣向。今年もグランプリこそ出なかったものの、入選作は相変わらずレベルの高い作品ばかりだ。

#選外になった作品でさえも侮れないのだが。

良かったのは、(作品ではないけれども)作家さんの近況報告が多かったこと。いつも報告してくれるロマのフ比嘉さんもステージ上での報告の中で、来年TV放送予定の比嘉さん監督作品「アップルシード・ジェネシス」でスタッフ(スタジオならグロス発注でw)募集してましたw。

残念だったのは、毎回なぜか休憩時間中に誤って上映されてしまう政治的・著作権的にやばい作品(いわゆる「ダークサイド部門」)が、二つしか上映されなかったことだ。事前チェック能力が向上したということかw。

最後は今年の夏発売予定の3DCGアニメーションホラー(masamic命名「不気味の谷」ホラー)「都市伝説物語 ひきこ」の先行上映会だった。もともとは先行試写会のはずだったようだが、昨日完パケができたそうで、それを上映した模様。ラストは勿論書かないが、なるほどという感じ。一回見ただけでは、いま一つよくわからないかもしれない。

ということで、楽しい一日でした。

Posted by masamic at 12:05 [アニメ・コミック, イベント, 文化・芸術, 自主制作] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2008年04月29日

九州国立博物館に行ってきた

G.W.モード企画第2弾w。

実家で一泊して、自宅に戻る途中、初めて九州国立博物館(略して「九博」(きゅうはく))に行った。

九博は福岡県太宰府市に日本で4番目、108年ぶりの新設国立博物館として2005年開館。

それより108年前設立された国立博物館である京都国立博物館が1897年に開館して以降、かの岡倉天心が約100年前に九州博物館を提唱して以来の悲願の国立博物館だ。

歴史博物館としての国立博物館は九博が最初で、国立博物館としての規模も(今現在)最大ということだ。(以上、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から要約)

ということで行ってきたんだけど、いやぁ、凄いね。収蔵物は東京・京都の各国立博物館から移管したものが多いようだけれども。

因みに、歴史的国宝として有名な「金印」はココには無い。福岡市博物館に収蔵・展示されている。九博に行っても見れないのであしからず。

まあ、それとは別に楽しみだったのは、「シアター4000」。これは、2002年にNHK放送技術研究所が開発した次世代ハイビジョン「スーパーハイビジョン」の国内(いや世界といっても良いか)唯一の常設設備だ。

スーパーハイビジョンは、走査線数が4320本、総ピクセル数が現在のハイビジョンの約16倍、音声は22.2チャンネルというものすごいもの。2015年に試験放送を開始して、2025年には本放送にこぎつけようと、また、次世代ハイビジョン規格として世界に先駆けて提案し、国際規格としての足場を固めつつあるようだ。

自分は、たまたま2002年の技研公開(リンク先は今年のページ:5月22日~25日に開催)でこれが初公開されたときに実際に見てて、その凄さに圧倒された経験があった。そのときはまだコンテンツが十分では無かったのだけど、ここ九博では博物館作成の4本の作品のうち何れか2本が見られるようだ。

さらに興味を引いたのはミュージアムショップの九博オリジナルグッズw。

針聞書」(はりききがき)と呼ばれる書物に書かれた架空の病原虫をぬいぐるみとかフィギュアにしたもの。ちょっとかわいいじゃんw。ミュージアムショップも今はこれを強くプッシュしている模様w。

ということで、次回はバックヤードツアーとかにも行ってみたいなぁ。

Posted by masamic at 21:04 [文化・芸術, 旅行・地域, 歴史] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2007年08月08日

熊本県立図書館

に行ってきた。

利用者カードを作ろうかと申し込みをすると、

「すでに登録されてますけど」と、

昔の住所で登録されていることがわかった。

あー、10年も前の話だし、1998年から2005年の7年間は熊本県外に転勤してたので、すっかり忘れてたよ。なんとなく記憶がよみがえってきた。

しかし、利用者カードなんてちゃんと取ってたっけ?無いとは思うが念のため探してみるか。

Posted by masamic at 23:08 [文化・芸術, 書籍・雑誌] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)


2006年05月07日

第18回CGアニメコンテスト上映会(大阪会場)終了

今大阪空港のラウンジからエントリしています。

第18回CGアニメコンテスト上映会(大阪会場)は、途中落雷によるサージの発生で上映機器が一時ダウンするなど波乱があり、今年は東京会場ともども災難な開催となったようです。

グランプリがなかったのが残念ではありましたが、入賞作品はどれもすばらしい出来でした。

韓国からの作品も入賞していて、作者も来日予定だったのですが、直前になってパスポートの期限切れが発覚し出国できなかったというオチまでついてました。彼の作品もすばらしかったのでちょっと残念。

さて、もうそろそろゲートへ行くかな。では。

Posted by masamic at 19:05 [文化・芸術, 旅行・地域, 自主制作] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)


2006年05月06日

明日は18th CGアニメコンテスト(大阪会場)上映会!

明日は朝から大阪に遠征だ!

5月7日(日曜日)は、大阪中ノ島公会堂にてプロジェクトチームDoGA主催・第18回アマチュアCGアニメコンテスト(大阪会場)上映会が開催されます。

いつもより早起きしなきゃ。

Posted by masamic at 14:05 [文化・芸術, 旅行・地域, 自主制作] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2005年11月06日

仕事&同窓会

_0952日ほど空きましたが、4日は仕事(でも、小惑星サンプルリターン探査機「はやぶさ」の実施テストが行われていたので、そっちに結構気をとられててました)してました。

5日は20年ぶりの同年卒の高校の同窓会が行われました。私たちは、来年の学校の同窓会総会での幹事会となります。もっとも、手伝えるのは当日くらいかなぁ。

同窓会に出席するために福岡に移動中、航空自衛隊春日基地の一般公開日だったので、寄ってみようと思ったのですが、到着した14時30分でちょうど終了ということで間に合いませんでした。ということで写真を一枚。

Posted by masamic at 13:11 [仕事, 携帯・デジカメ, 文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)


2005年11月01日

昨日のいろいろ

計算処理部はそこそこきれいに書き直すことができた。まだかなり効率化の余地はあるが、まあ、パフォーマンスが気になりだしたら考えれば良いだろう。私が対処できない場合に備えて、コメントくらいは書いておくかな。

TP-X40のリカバリーディスク発注完了。3営業日くらいで届くそうだから、金曜日くらいには手に入るだろう。
リカバリ作業は実家でするのか?今週の後半はいろいろと忙しい時期。作業できるかなぁ。今のうちから準備しておくのが吉か。

ここ最近、同僚の仕事場に出没して、ついつい長話をしてしまう。ちょっと悪いかなぁ。趣味的には、私の趣味セット(S)と彼の趣味セット(S')が大きく交わっているわけではないのですが、共通項(S'')から派生する話題が多くて、話が長くなっちゃうんだよね。しばしば邪魔してすまんねぇ。

Posted by masamic at 10:11 [Java, LISP, パソコン・インターネット, 仕事, 文化・芸術] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2005年10月24日

初めての大人買い

最近「世界の翼2」というフィギュアが売られている。この製品、思いっきり私のつぼに嵌ってしまった。

だって、Tu144 エアロフロート仕様やNASA仕様のような航空機だけでなく、ブラン+エネルギアとか、ブラン(エンジン搭載型)+エンタープライズ(シャトル試験飛行機)とか、あるんだもの、シークレットの中には富嶽とか、シャトル・トランポーター(ゲットできず、先に出たエンタープライズを搭載できる)とか、もうひとつは不明などがあるのだ。

ということで、組み合わせからして、一回ではコンプリート出来ないけれど、大人買いの醍醐味は十分味わえた。もうすることはないだろうなぁ。3000円強でこれだけ楽しめたのだからもう十分だろう。

Posted by masamic at 21:10 [スタートレック, 文化・芸術] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (2)


2005年10月16日

11時からカントリーダンス教室

デジカメがこんな時に壊れやがった。しゃあない、携帯のカメラで辛抱するか。

で、タイトル通り11時からはダンス教室だ。10年振りだぁ!カントリーダンス踊るのw。

Posted by masamic at 10:10 [文化・芸術] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2005年10月15日

明日はカントリミュージックの祭典「カントリゴールド2005」開催!

明日は、待ちに待ったカントリミュージックの祭典「カントリゴールド2005」が南阿蘇野外劇場アスペクタで開催されます。

雨天決行ですが、幸い明日は晴れそうです。

今日はその準備でいろいろ(買い物とか)やってたので、特に何もなしです。

行ってきます。その前に(まだ早いけどとりあえず)おやすみなさい。
※実際に寝るのは10時ごろだろう。明日は7時起きだ!

Posted by masamic at 18:10 [文化・芸術, 旅行・地域, 音楽] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2005年09月24日

カラオケオフ

昨日も爆睡してしまった。

しかし、今日はカラオケオフには準備万端w。

8時間ばっちし歌ってきました。

明日は大阪。どうも一泊する必要がありそうな感じ。
ま、月曜日も休暇はとっているし、安心して余裕を持って、行動するか。

Posted by masamic at 23:09 [文化・芸術] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2005年08月21日

熊本カラオケオフ会

ということで、mixiの熊本カラオケコミュニティ主催の熊本カラオケオフ会に行ってきました。

参加者は自分を除きみんな25才以下。

orz... ジェネレーション・ギャップを嫌でも感じさせられたよ。

とはいえ、こういった機会も最近は少なく、最近のJ-POPもいくつか仕入れることができたし(歌えるかどうかは別)、まあよかったんではないかな。

来週には新車も納車し、HDDナビのハードディスクにMP3やWMAフォーマットファイルをいっぱい格納しておけるので、通勤時の集中練習も可能だw。

Posted by masamic at 20:08 [文化・芸術] | 固定リンク | コメント (3) | トラックバック (0)


2005年08月13日

図書館めぐり

今日は映画を見ようと思ったが、よさげな映画もなく、そもそも入院貧乏最終期に入っているので、お金もない。
ということで、お金のかからない暇つぶしとして、図書館に行くことにした。

実はすでに熊本市立図書館の利用登録は済ませてあったのだが、インターネット予約システム登録は正式登録になってからということで、しばらく待っていたのだ。そこでまずは熊本市立図書館へインターネット予約利用申し込みをする。アカウントIDとパスワードを示したメールが2週間後くらいには届くということだ。はぁ、また2週間くらい待たされるの?お役所仕事だなぁ。まあ、そういった業務をアウトソーシングしているわけもなく、仕方がないのだろう。

で、しばらく館内をうろつく。

第一感想「開架の書籍がすくねー!」。
いかん、福岡市総合図書館と比較してしまった。あんな(人口140万人超の)大都市の図書館と比較してはいけない。

コンピュータ関連コーナーを見る。
感想「やっぱすくねー!」。自分のほうが(偏っているとはいえ)書籍数は多いんじゃないか。

その他書籍くらいしか利用はできそうにないな。あとは、雑誌のバックナンバーがあるのがいいくらいか。

で、熊本市立図書館のほうは早々に立ち去って、今度は会社の事務所のある自治体の図書館に行ってみた。

町クラスの自治体のため、とうぜん蔵書数もそれほど多くはない。でも主な新聞(英語のものも一部あるぞ)のバックナンバーが1ヶ月分ある。これはイイ!会社からも近いし利用してみるかな。

で、早速利用登録を行う(私の勤める会社は、この自治体に事務所があり、私はそこに勤務しているので利用者になれる)。お、インターネット予約も最近できるようになったのか。これも登録。なんか、熊本市立図書館と違って対応が早いぞ。熊本市立図書館負けてるジャン。

今回は特に何も借りなかったが、今後は小説とかは図書館から借りる機会が増えそう。

後は熊本県立図書館を狙ってみるかなぁ。ここは蔵書は多そう。

Posted by masamic at 20:08 [文化・芸術, 書籍・雑誌] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)


2005年05月30日

第17回CGアニメコンテスト(大阪会場)

DSCF0091昨日(5月29日)は大坂中ノ島公会堂にてプロジェクトチームDoGA主催、経済産業省・大阪府・大阪市・デジタルときわ荘後援、NTTドコモ関西協賛、第17回CGアニメコンテスト(大阪会場)に日帰りで観に行ってきた。

今年はついに5年ぶりのグランプリが出た。グランプリ受賞作品は「木霊」氏の「MY HOME」だ。グランプリにふさわしいクオリティだ。CVは無いが、歌手による歌とともに、ストーリーが展開されていく。字幕は無いが実に解りやすい内容で、感情移入できる内容だった。

もう一つは、デジタルときわ荘計画第1弾、プロジェクトチームDoGAプロデュース(プロデューサー「かまたゆたか」氏)、監督「ロマのフ比嘉」氏、原作「士郎正宗」氏コミック「ドミニオン」より、「TANK S.W.A.T. 01」の「準関係者向けw特別試写会」があった。今回の試写会では、本作は完成版ではなく、かまたゆたか氏曰く「90%の出来」ということで、試写会参加者用特別BBSサイトにて忌憚の無い感想や意見を募っている。このサイトのURLは上映作品の特殊性から残念ながら書けない(いづれは明らかになるかも知れないけれど)。その点はご了承いただきたい。

Posted by masamic at 14:05 [アニメ・コミック, パソコン・インターネット, 文化・芸術] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)


2005年05月15日

入院日記:42日目

今日は実家に外泊している。今日は彼女と彼女のご両親を実家に招いた(ただし彼女の母上は事情があってこられなかった)、彼女なーんか猫かぶってるなぁ。「もっと本音を言え!」とアイコンタクトを取ろうとするが、上手く伝わらない。ちょっと中途半端な感じになってしまった。セッティングしたのは自分なので、もう少し話題を振ればよかったなぁと反省している。

それから、父は自営業をしていたせいで、気心の知れた人であればまあ問題ないにしても、そうでない人にいろいろと怪しげな話をするし、母は「そんなに見栄を張りたいか?」と言いたいくらいに間抜けな事言うし、一種異様な環境の中で話辛いような状況だった様です。まあ、お見合いを仲介した叔母さんには私の「うつ病で入院中」ということは話さない方向でなんとなく双方合意になったようですが、とにかく今の状況では婚約なんて無理なのよ。叔母さんは事情を知らないからいろいろとせっついているみたいだけど、隠し通すのか?なんか嫌だなぁ。やっぱ言っちゃったほうがすっきりするような気がする。

自分のうつ病は快方に向かっているし、特別深刻な状況ではないのだから。うつ病はIT業界では一般的な現代病でもあるし、私の症状はかなり軽いほうであるということからも、話してしまっても、当事者同士(つまり私と彼女)や当事者の両親がとも合意しているのだから、叔母さんに事実を話したところで叔母さんにはどうしようもないことなんだよね。

ま、何とかなるさ(ケ・セラ・セラ)というのが今回のキーワードでした。

以上、おやすみなさい。

Posted by masamic at 21:05 [入院日記, 心と体, 文化・芸術] | 固定リンク | コメント (4) | トラックバック (0)


2005年05月14日

女性専用車両について

小熊氏の日記「底に哀はあるの。」の2005年5月8日の記事と、
「死ぬのはやつらだ」さんのblog「反米嫌日戦線 LIVE and LET DIE(三流偏向不公正独断蝦夷自分趣味)」の2005年5月12日の記事「ジェンダーってなによ」から。

「女性専用車両」って、実際昔なら「女性差別だ!」って事になってたんだけど、いまじゃ痴漢対策やら何やらで必要悪的な存在ですよね。そういった意味で、痴漢冤罪のことを考えると男性専用車両ってのはありだと思う。もちろんそれも差別的だと思うけど。

「死ぬのはやつらだ」さんの記事のタイトル「ジェンダーってなによ」から、ふと思ったのは、

「性同一性障碍」の方で「自分は戸籍上は男だが精神的には女性であると自覚している人」は「女性専用車両」に乗れるのだろうか?

ということです。

今までの経緯からすると、その辺は完全に置き去りにされているような気がします。彼ら(いや彼女達か?)はどう考えているのでしょう?その辺のところちょっと気になります。もちろん、見た目が少々いかつくても(女性ホルモンを投与すると見た目も女性らしくなっていきますが)女性が着るような服装をしていればいいのかも知れませんが、心と体の性が一致している他の女性達はどう感じるのだろうかとか思うわけです。私は男性で心と体の性別が一致しているので正直わからないのですが、調べてみればなんか出てくるかもしれません。暇をみて調べてみるかな。

Posted by masamic at 21:05 [交通機関, 心と体, 文化・芸術] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)


2005年05月12日

入院日記:39日目

今日の午前は忙しい時間になった。精神科回診、散歩、皮膚科回診。と散歩先のコンビニでおちおち漫画も読めないくらいタイトなスケジュールだった。体の痛みも、午後のサルサで筋肉がほぐされて緩和されたようだ。

サルサの先生は若くて綺麗で引き締まった体つき。今日はいつものタイトな服からチラッとはみ出しているブラについつい目が行ってしまうw。自分も含め誰も指摘しないところがいいねぇ。それはさておき、ダンスはやっぱり楽しいな。今年秋は10月16日開催のカントリーミュージックの祭典「カントリー・ゴールド」に行きたいな。ここではカントリー・ダンスが楽しめます。

うーん、今日はあんまりネタ無いが、最後に一つ。

ええねんの「さるさる日記2005年5月10日のエントリ「■2005/05/10 (火) 晴:小箱セットアップ:食費小遣い1300円」より。

私としては「トラ技」付属の「マイコン基板」や「Design Wave Magazine」付属の「CPLD or FPGA基板」で遊ぶほうにより燃えますが。あぁ、ずっとほったらかしだなぁ。退院したらマジで何か作ろう。

以上、おやすみなさい。

Posted by masamic at 20:05 [入院日記, 心と体, 文化・芸術, 電子工作, 音楽] | 固定リンク | コメント (3) | トラックバック (0)


2005年05月10日

入院日記:37日目

F1010023今日は熊本県山鹿市の八千代座その他にいってきました。この形式の演劇場に足を踏み入れるのは初めてで、しかも奈落まで見れた(もちろん見学コースに含まれているのだが)のは大変良かった。入院しなかったら来なかったかもしれないと考えると、入院しているのも悪くないと思えます。

あとは、バーベキューなどを堪能したり、景色の良い山に登ったりしました。

重要文化財を堪能し、それなりの運動もして、たらふく食べて、今日も充実した一日でした。摂取カロリーはわからんけどかなりの値になるでしょうが、ま、たまにはいいさ。とりあえずアルコールは控えたし。

ということで短いですが、今日は以上です。おやすみなさい。

Posted by masamic at 20:05 [入院日記, 心と体, 文化・芸術, 旅行・地域] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2005年04月22日

チャーリー永谷さんに熊本県民栄誉賞が授与される

くまにち.コムの一般記事「県民栄誉賞 チャーリー永谷さんに授与 文化・芸能分野で初」より、

熊本市民として、また、カントリー・ミュージックを楽しむものとして、「チャーリー永谷」さんに熊本県民栄誉賞が授与されたことは大変嬉しい。熊本に戻ってきた今年は是非、毎年南阿蘇のアスペクタで行われているカントリーミュージックの祭典「カントリー・ゴールド」に行きたいと思う。

Posted by masamic at 10:04 [文化・芸術, 旅行・地域, 音楽] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


SF作家 梶尾真治氏が熊本市図書館にSFマガジン創刊号など計4600冊を寄贈

熊本日日新聞2005年4月22日朝刊第3版熊本都市圏ページより。

熊本在住で石油販売会社を経営するSF(だけではない)作家・梶原真治氏が、熊本市立図書館にSFマガジン創刊号をはじめ計4600冊の書籍・雑誌を寄贈した。

をを。やっぱ熊本市民としては熊本市民図書館を利用せんとあかんなぁ。

Posted by masamic at 10:04 [文化・芸術, 旅行・地域, 書籍・雑誌] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2005年04月06日

オオクチ(ブラック)バスも規制へ

環境省の専門家会合で在来種保護のための特定外来生物被害防止法(外来生物法)に基づく特定外来種指定に、オオクチ(ブラック)バスも追加することに決定した。

この件に関しては、一種の組織的な反対意見が極めて多数寄せられたが、専門家委員会は妥当な判断を行ったといえよう。オオクチバスの関しては、その獰猛で旺盛な食欲のために、釣りの醍醐味が味わえる半面、在来種を駆逐してしまう可能性が大きいことは今ではよく知られた事実だ。ほんの少数のバス釣りの愛好家の環境への配慮のない自分勝手な行動(放流)が、在来種を駆逐しようとしていることはおそらく間違いなく、釣りを趣味とする人々にはよく考えてもらいたいと思う。もちろんすべての釣り愛好家が悪いとは思っていない。

同様な問題であまり知られていないことだが、大きな港を持つ湾での外来種による生態系汚染が広がっている。これは船による海上貿易が活発な地域(全世界)で顕著で、一部の港では在来種が全種の1%にも満たないところもある。こういった場面では、すでに取り返せないところまで来ているといえる。

これ以上生態系汚染を広げないためにも、外来種を可能な限り持ち込まない(持ち込ませない)ような対策をとる必要があるだろう。
#しかし残念ながらこれを完全に防ぐことはできない。交通機関の発達がそれを不可能にしているのだ。

Posted by masamic at 09:04 [文化・芸術, 経済・政治・国際] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2005年03月20日

デジタルときわ荘計画第一弾発表!

プロジェクトチームDoGAが進めていた、CGアニメ作家育成(商業アニメ作成支援)プログラム「デジタルときわ荘計画」の最初の作品が2005年3月18日に発表された。タイトルは「TANK S.W.A.T.01」。プレスリリースに関する日記wはこちら

本作は、「攻殻機動隊」「アップルシード」で世界的に有名な士郎正宗の作品「ドミニオン」シリーズのうち「ドミニオン(第1話)警察戦車隊 コンフリクト編」を3DCGアニメ化、「URDA」で世界的にブレイクした3DCGアニメ作家のロマのフ比嘉が、監督・製作・演出他(結局ほとんど全部じゃないかw?)をこなして作成された。

サイバーパンクコミックの大御所:士郎正宗と、3DCGアニメ作家の最高峰:ロマのフ比嘉による最強コンビが送る、新時代3DCGアニメーション!

第17回DoGA CGアニメコンテスト(大阪会場)にて、試写会決定!

入場制限があるかも、ぜひとも見たい方は朝早くから会場に出向き整理券をゲットするのだ!
ちなみにPSPとかNDSを持っていると対戦プレイができるかも?(いや、個人的にこの層の所有率が高そうだからw。私が会場に居ればPSP(Ridge Racers)か、NDS(大合奏!バンドブラザーズ)をつかってFOXハンティングしよう!そして対戦・競(共)演しよう!)

Posted by masamic at 01:03 [アニメ・コミック, パソコン・インターネット, 文化・芸術, 映画・テレビ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2005年03月13日

My Political Compass

MyPoliticalCompass最近流行の 「The Political Compass」 をやってみた。

もっとも、アメリカ合衆国の文化・社会を背景にしたコンパスなので、日本の文化・社会にそのまま当てはめることは出来ないが、アメリカ合衆国での立場だとこうなるという大雑把な指標にはなるかもしれない。

んで、結果は…、

Economic Left/Right: -1.63
Social Libertarian/Authoritarian: -3.90

との事です。世界の主要な有名人だと、ガンジーに近い(それでもかなり離れているけど)。

※各有名人の立ち位置はおおよその位置です。

参考:「旗旗:自分の政治的位置を知る(1)
参考:「あるコリア系日本人の徒然草:The Political Compassの考察
参考:「masamic日々の雑感:中立・中道を唱える人たち。」ほか

Posted by masamic at 23:03 [文化・芸術, 経済・政治・国際] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)


2005年03月04日

「サンクステイル」プレゼント

あの、「サンクステイル」が懸賞でもらえる!

サンクステイル」というのは、端的に言うと「車につける尻尾」です。車に乗られる方でよく使われる方もいらっしゃると思いますが、割り込みさせてもらったときとかに、ハザードランプを点灯させてお礼したりしますよね。これって本来の使い方から逸脱しているわけで、場合によっては非常に危険な行為です。そのため、別の仕組みがあれば良いということ、さらにお礼に「尻尾をフリフリする」のを見た人も「ほんわか」な気持ちになれるだろうということで、ずいぶん前からあるデザイナーメディアアーティスト八谷和彦によってプレゼンテーションされていたものです。最近ついに製品化されて大変うれしく思っています。

1. サンクステイルプレゼント 【ワコー】:くるとく News Blog (車の懸賞,割引,キャンペーン)[5名さま]

2. 雑誌AXIS[4月号] サンクステイルプレゼント[3名さま]

Posted by masamic at 15:03 [交通機関, 文化・芸術, 科学・技術] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (2)


2004年12月25日

とりあえず

メリークリスマス!

無宗教だけど、ま、いいか。

Posted by masamic at 23:12 [文化・芸術] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2004年11月07日

ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン

佐賀インターナショナルバルーンフェスタのライトアップショー。

DSCF0236.JPG

Posted by masamic at 18:11 [文化・芸術] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2004年10月18日

雑談:ペリーローダンはメジャーになったんだろうか?

ええねん氏の日記■2004/10/18 (月) 雑談:ペリーローダンはメジャーになったんだろうか?」より。


すげぇー。


よっぽど好きな人がいたんだろうなぁ。

とりあえずNHKでペリーローダン300巻のニュースがあったくらいで、SF小説を読むような人しか知らんだろうふつう。

ところで、なんで「ペリーローダン」だとわかったの?>ええねん

Posted by masamic at 20:10 [文化・芸術, 書籍・雑誌] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)


雑談:ハガキ職人な楽しみ。

ええねん氏の日記■2004/10/17 (日) 雑談:ハガキ職人な楽しみ。」より。

私は、ラジオを(車に乗っているとき意外は)聞かない人(インターネットのストリーミング放送は時々聞いたりしてますが)なので、番組にメッセージを投稿したりリクエストしたりしたことはないんですが、Eメールは、FAXと同様すぐに読んでもらえていいですよね。ただ、FAXや郵便のように絵を描いたり文字を装飾したり出来ないのがちょっと寂しいかな。添付ファイルに画像をつけるとかで代わりには出来そうですけど。

Posted by masamic at 14:10 [文化・芸術] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2004年07月09日

「戦後教育を受けた私達は、大家族主義は因習的な古臭い制度という印象を受けます。」

えいねん様の映画『しろばんば』1962年白黒作品の私見より。

わたし自身はそうゆう風には思いません。理由はええねん様と大体同じ(ある程度肯定的に捕らえる)と考えてよいでしょう。問題だといえるのは家長制度位ではないかと思います。

社会の最大単位は「世界」ですが、社会の最小単位は「家族」であることは同意していただけるでしょう。
この「家族」というものは生・死、養う・養われる、家族内の序列、協調・対立それに駆け引き、など、最大単位である「世界」と比べても遜色ないほどのシステムを持っています。

それが「核家族化」に続いて「少子化」が進行するにしたがって、生・死、養う・養われる、、家族内の序列、協調・対立それに駆け引きの経験が過剰に少なくなってしまったため、これらに対するインプリンティングが行われないで大人になってく。

そして社会はそのようなルールを各個人に十分に修得させられずに、荒れていく。日本での犯罪発生率の増加はそこに原因がある可能性があります。

日本の今の現状は20年位前のアメリカを彷彿とさせます。アメリカは80年代に入ってからは、家族を大事にし、両親を暖かく迎え入れ、(もちろん自分の足で生活をするという方もいますが、)1世帯当たりの人口は増えているように記憶しています。

しかし、日本人も今、そのことの弊害に気づき始めているように感じています。2世帯・3世帯住宅が非常に好調な売れ行きを誇っているのがその表れです。アメリカとちょっと違うのは、普段はそれぞれの家族は独立して生活していることで、もしものときは何か用事があるときは隣に家族はいる、何かあったときにすぐに気づいてくれる。という日本独自のライフスタイルが形成されていっている過程にいるのが現状ではないかと思います。

少子化は大変な懸念材料ですが、今後大きな変化(新しい大家族主義)が現れるのではないかと考えます。

以上です。

Posted by masamic at 03:07 [住まい・インテリア, 心と体, 文化・芸術, 歴史] | 固定リンク | コメント (3) | トラックバック (0)


2004年07月05日

本日鑑賞のアニメ・ドラマ

・スクラップド・プリンセス #14
・今日からマ王 #14
・フルーツバスケット #14
・愛してるぜベイベ★★ #13
・真月譚 月姫 #11
・BSマンガ夜話 #3

Posted by masamic at 22:07 [アニメ・コミック, 文化・芸術, 映画・テレビ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)