カテゴリ:Subversion


2007年08月16日

WebSVN 2.0 リリース

一時は消えかけたWebSVNプロジェクトですが、有志の活発なサポートにより復活した模様です。現在公開されている 2.0 はメンテナンスバージョンで、正式版は2.1になる模様。

私もこのプロジェクトには日本語のランゲージファイルを提供しており、復活はうれしいところ。日本語のランゲージファイルに追加項目があったと思うし、今度確認しておこう。

Posted by masamic at 01:08 [Subversion, オープンソース, フリーウェア] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2006年08月05日

ぐはっ!玄箱起動せず。

余計なことやっちゃったから、玄箱起動しなくなっちゃった。単純に、ディスクのパーティションの問題だと思うので、パーティション消去したら再セットアップできるだろう。

いっそのことDebian入れるという手もあるけど…。

どうしよっかなぁ~。

Posted by masamic at 10:08 [Subversion, パソコン・インターネット] | 固定リンク | コメント (3) | トラックバック (0)


2006年08月02日

玄箱セットアップ中

先月末に「玄箱」を購入。あまっていた60GBのHDDで組み立て。基本セットアップを昨日行った。

今日は、付属のCD-ROMにある各種環境一式をインストール、そのほかApacheをインストール。いまは、PHPとSubversionのコンパイルを行っている。時間かかるなぁ。

sambaとtelnetd、appletalkdなどは使わないので停止。telnetdの代わりにsshdを動かす。

ま、使えるようになるまではもう少し時間がかかりそう。
時間があれば、カーネルにも修正(セキュリティパッチ)を加えたいところ。

Posted by masamic at 20:08 [Subversion, パソコン・インターネット] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)


2005年11月02日

WebSVN 1.7-beta6 近況

でいきなり、CHANGES.txt の内容かよ!って突っ込みは勘弁して。

日本語化で影響の大きいのは、出力文字エンコーディングが UTF-8 に固定化されたことでしょうか。
もっとも、ほとんどのブラウザでは既に対応済みでしょうから大きな問題は少ないですね。

え、ネスケ4はって?ごめんなさい対象外になりますね。そのほか古いバージョンのブラウザを使用されている方々には申し訳ありません。

あう、ちゃんと日本語化にコミットしたいが時間が無い!

--------
CHANGES

1.7 beta 6

Note: the $config->addRepository command now takes a URL and not a filesystem path!

NEW: WebSVN can now host remote repositories!

FIX: The access rights handling didn't work if you had give a repository a display name
different from it's "real" svn name.
FIX: The deleted file list no longer links to non-existant files!
FIX: Neaten the directory display when the download/compare links aren't available

1.7 beta 5

NEW: Access rights files can now be specified on a per repository basis

CHANGE: Further improvements have been made to character encoding handling. In particular,
it is now possible to specify the encoding of the repository contents separately
from the system encoding. This is the case for windows users, whereby the command
line tools typically returning CP850 encoded strings, whereas the source files are
encoded as iso-8859-1. Now, when displaying text files, WebSVN will convert them
from the content encoding to the output encoding (UTF-8).

CHANGE: Update Danish translation
CHANGE: The log display has a "max number of revisions to show" fiter option, which defaults
to 30. This significantly improves performance of the log display.

FIX: It wasn't possible to display the contents of a file which had brackets in the name.
FIX: Correct problem with download of tarballs containing special characters
FIX: Improve time display
FIX: Remove non-UTF8 language options from distconfig.inc
FIX: Fix recent bug whereby the log messages would contain unnecessary blank lines
FIX: Access right file section groups without a trailing / are no correctly treated

1.70 beta 4

NEW: The log display may now be filtered to show a range of revisions
NEW: You can now have control over the specification of directories that can or
cannot be tarball'ed. Tarballing can be turned on only after a certain directory
depth and directories can be allow/disallowed on a per directory/repository basis.
NEW: The user can now choose their language via a drop down box

CHANGE: Character encodings are now handled differently. The output encoding is ALWAYS
defined as UTF-8, and the setOutputEncoding option has been removed.

FIX: Diff had been broken by 1.70 beta 2
FIX: Download of tarballs is prohibited if the user doesn't have read access to the directory
AND all of its subdirectories
FIX: The character set type is now sent in the HTTP header. No need to hack the Apache config

1.70 beta 3

NEW: WebSVN may now be configured to display a flat view rather than a tree view

FIX: Only use --limit option on svn 1.2 or greater
FIX: Correct spelling of "danish" in distconfig
FIX: Fix RSS, previously broken 1.7 beta 1

1.70 beta 2

CHANGE: WebSVN no longer requires the entire revision history when accessing a directory,
resulting in a faster access for large repositories

FIX: The new access rights module didn't always hide directories
FIX: Tree icons have been fixed (broken in 1.70 beta 1)

1.70 beta 1

NEW: Access rights module (Finally!) - see install.txt for details
NEW: Added language file for Danish, Finnish, Turkish, Norwegian and Simplified Chinese
NEW: The "View Log" link is now available for templates to use from the file view
NEW: Added bugtraq:logregex support

CHANGE: Ages are now displayed with higher resolution
CHANGE: Update German translation
CHANGE: Tex file are no longer delivered as binary by defaut, but displayed by enscript
CHANGE: The last modified files display now shows the most recently modified files of
the current directory
CHANGE: Improve diff colours of Blue Grey Scheme for better readability
CHANGE: WebSVN no longer requires the entire revision history when accessing a directory,
resulting in a faster access for large repositories

FIX: Directories containing accents weren't always displayed
FIX: File version can be compared via the log display (as oppoed to just directories)
FIX: Corrected RSS encoding issue
FIX: Corrected bug whereby diff lines would be displayed twice
FIX: svn: Can't check path '/root/.subversion': Permission denied
FIX: Sometimes files delivered (as opposed to disaplyed) by WebSVN were empty
FIX: Fix problem with large tarball delivery
FIX: Compare with previous always used HEAD
FIX: .sh files are now viewable
FIX: Allow special characters in repository names
FIX: It wasn't possible to go into a module if another module starts with the same name.
FIX: Remove hard-coded timezone from the RSS feed creator.
FIX: Caching of RSS feeds wasn't working

Version 1.62 までの修正は省略。

Posted by masamic at 22:11 [Subversion] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2005年10月25日

WebSVN 1.7-beta4でのjisコード対応について

WebSVN-1.7-beta4で、Tim(Tarmes) からメールが来た。

ファイル japanese-jis.inc

で Unexpected Character Error (0x1b)が出て動かないというのだ。
理由を考えた結果、考えられるのが、

「WebSVNもしくはPHPがISO-2022のエスケープシーケンスにきちんと対応できていないから。」

だった。

もし、PHPがちゃんと対応できていないのならば(可能性は非常に低いのだけれど)、対応は事実上不可能だし、
WebSVNがまずかったとしても、ISO-2022のエスケープシーケンスをきちんと処理するようする実装するのは難しいのではないかということだった。

私の決断としては、jis コードを locale に設定しているユーザには申し訳ないが、japanese-jis.inc は削除するという案だった。じっさい、jisコードを利用しているのはユーザにはあまり関係ないメールシステム以外では、ごく一部の個人と、一部のOSに限られているので、大きな問題はないと考えている。その方向でtimには話をしている。

もしTimが正常に動作するように実装を修正できれば良いが、出来なければ japanese-jis.inc は削除することになるだろう、そうなった場合はjisユーザの方々には大変に申し訳ない。

Posted by masamic at 23:10 [Subversion] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2005年02月15日

WebSVN1.62 Beta 1 リリース

しばらくの沈黙を破って、ついに WebSVN1.62 Beta 1 がリリースされた。

いやぁ、心配していたのですよ。最近音沙汰なかったから。
MLにはこんな言葉も出る始末。
「Good to know you're still alive : ) and thanks for going on on this project.」

ほんとそのとおりだよ。

今回は機能的拡張はあまりないが、主要なバグフィックスが施されている。

NEW: RSS feed can now list changed files
NEW: Templates can now show an open folder icon
NEW: Polish translation
NEW: Dutch translation

CHANGE: Window is scrolled to appropriate location when opening a new directory

FIX: Allow repository names containing '/'
FIX: Fixed sloppy HTML in diff templates
FIX: Fix problems with the diff output
FIX: Repositories on Windows network shares can now be accessed.
FIX: Accented characters weren't shown correctly in the directory comparison view.
FIX: Remove error when only one revision was available

ファイルは以下のURLにあります。
http://svn.collab.net/repos/websvn/tags/1.62%20beta%201

Posted by masamic at 17:02 [Subversion] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2004年12月18日

Archを試してみよう!

/.Jで新しいVersion Control System; OpenCVSが話題になった。そこで、SubversionとArchの話が出てきた。Archには前々から興味があったが、時間がなくて手を出していなかった。なので、早速Archの日本語ドキュメントを読んでみた。厳格すぎる嫌いもあるが、慣れれば大したことなさそうだ。

とりあえずArchの日本語解説ページを挙げておく。

Posted by masamic at 01:12 [Arch, Subversion] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2004年12月15日

Subversion初の本格的日本語書籍

いつの間にか、Subversionに関する日本語書籍が発売されていたようです。気づきませんでした。
WEB上では「Version Control with Subversion」の日本語版があるのですが、Subversion専門書籍としては初になります。

『「Subversion」解説書―バージョン管理システム Linux world favorite series』 Subversion開発プロジェクト (著), 上平 哲, 佐藤 竜一 IDGジャパン ISBN:4872805054

Posted by masamic at 01:12 [Subversion, 書籍・雑誌] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2004年11月17日

検索ワードで「subversion 無視 $Revision」というのがあったことで一言。

つまりSubversionで$Revision$のキーワード置換が無視されているということなのだろうか?

もしそうであれば、答えは簡単。Subversionはそもそもデフォルトではキーワード置換を行いません。
キーワード置換を実行するには、「svn:keywords」属性を各ファイルに設定します。

例) weather.txt の $LastChangeDate$ と $Author$ キーワード置換を有効にする。
$ svn propset svn:keywords "LastChangedDate Author" weather.txt
property 'svn:keywords' set on 'weather.txt'
$

ちなみに現在使えるキーワードは以下の5つ。

  • LastChangedDate または Date
  • LastChangedRevision または Revision または Rev
  • LastChangedBy または Author
  • HeadURL または URL
  • Id

参考文献「Subversionによるバージョン管理

Posted by masamic at 15:11 [Subversion] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)


2004年10月24日

Subversionの欠点

Subversionをここしばらく使ってきたが、いくつか言われていた欠点を実感できた。

1. Berkeley DB を必要とすること。
  これは Sebversion 1.1以降から FSFS を使うことで、使わなくても良くなった。ああ、良かった。

2. ブランチの扱いが直感的でないこと。
  ブランチタグがない!(いやもしかしたらあるのかもしれないけれど見つけられない)
  ブランチの扱いは以下のような感じ。


  trunk ---- revision 1 ---- rev.2 ------ rev.4 ------ rev.6
           |
           V
     branch: Copy of rev.1 ------ rev.3 ------ rev.5


  てな感じで、リビジョン番号が混在している。ブランチの少ないプロジェクト(通常ブランチは1程度(プライベートなブランチは除く)というのがCVSなどでも一般的な考え方だが。)では何とかなるが、ブランチが増えると、ワケワカになってしまう。
  これは何とか考えてもらいたいものだ。ディレクトリが異なるから全くわからないというわけではないけど。リビジョンだけ見るとtrunkなのかbranchなのかわからない。気をつけておかないとマージするときに悩んでしまう。
  でないと、Archとかに手を出しちゃうぞ!
  #Archはチェンジセット指向なので理解して使えるようになるのには時間がかかるかもしれないが。

それ以外は特に問題ないんだけどねぇ。

Posted by masamic at 14:10 [Subversion] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2004年07月12日

WebSVNハングル版出現

WebSVNのメーリングリストに、korean-*.inc がポストされた。
次バージョンからはハングルでも表示できるようになるようだ。

Posted by masamic at 19:07 [Subversion] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2004年07月02日

WebSVN繁体字(台湾)言語モジュール

WebSVN繁体字(台湾)言語モジュールが近く導入されるようです。

Posted by masamic at 19:07 [Subversion] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2004年06月29日

WebSVN 1.50 リリース

WebSVNの最新版である1.50版がリリースされました。 1.40版からの追加・変更点は以下のようになっています。(めんどくさいので訳しません(^^;)
ちなみに、日本語モジュールの提供は私がさせていただきました。(誰でもできる程度の内容なので威張れないですが。(^^;)
もちろん、いくつかのバグの修正もお手伝いさせていただきました。

WebSVN 1.50 has been released and is available in the file sharing area.
Notes: Before installing this version you should delete all the existing cache files.

wsvn.php has changed. You should redo any appropriate configuration changes inside this file.

NEW: Blame information for a file can now be viewed

NEW: The cached files are now compressed

NEW: The project selection box shows the current project by default

NEW: Swedish translation

NEW: Japanese translation

NEW: The install file explains how to set up permission based repository access such that access via the web interface is the same as access via a client (assuming Apache2).

NEW: SVN keywords are now expanded in file listings

CHANGE: The extraction of the directory listings is now accomplished using the svn command via file:/// access rather than svnlook. This has the advantage of being non-recursive, and thereby eliminates the need for caching the entire directory listing, and is much quicker on complex direcory structures. No more 50Mb directory caches!

FIX: Deleted directories are now viewable.

FIX: SHOWALL was being redefined in the language files

FIX: The directory listing view sometimes showed [lang:DELETEDFILES

FIX: Under Windows, links in the RSS output would start with "\" if WebSVN was installed in the server's root directory.

FIX: Sed wouldn't work under all versions of Windows due to the use of single quotes around the paramters

FIX: Improved character encoding support for log messages etc.

FIX: Paths passed by URL are encoded FIX: Generated HTML code is strictly 4.01

Posted by masamic at 17:06 [Subversion] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2004年06月26日

WebSVNの日本語化(その4)

WebSVN-150beta5出てます。
ファイル名に空白が入るとおかしくなる現象が解消された模様です。
同様に日本語ファイル名もちゃんと扱えるようになった模様です。

そろそろ正式版として出てきそうな予感。

Posted by masamic at 22:06 [Subversion] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2004年06月24日

WebSVNの日本語化(その3)

WebSVN150beta4がリリースされました。
古いバージョン(4.1.0未満)のPHPをベースに書かれていたので、RSSでFEEDされるテキストの文字コードがISO-8895-1のみになっていた点を、unicodeにも対応している新しいPHPにも対応するように修正してもらいました。最近のディストリビューションのPHPはすべてunicodeに対応していると思います。
これで日本語対応はほぼ終わりです。一件バグがあるらしいのと、メッセージの日本語化が完了していない点を除けば…ですが。

Posted by masamic at 23:06 [Subversion] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


WebSVNの日本語化(その2)

>また、一部の表示のバランスが悪いところがありますが、これは以下ある場所でnobrタグをはさむことで対処できます。
>場所については申し訳ありませんが、listing.phpの行186にあるとだけ言わせていただきます。

WebSVNの作者から、テンプレートのdirectory.tmplに書くとよいだろうを言う提案があったので、この提案に基づき訂正します。

今現在テンプレートにはBrueGrayとStandardがありますが、どちらのdirectory.tmplでも修正方法は同じです。
directory.tmplの「[websvn:fileviewloglink]」の左側に「<nobr>」、右側に「</nobr>」を追加してください。つまり「「<nobr>[websvn:fileviewloglink]</nobr>」としてください。

これでOKです。

Posted by masamic at 10:06 [Subversion] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2004年06月23日

WebSVNの日本語化

最近WebSVN(CVSにおけるCVSViewのようなもの)をいじってたが、静的な日本語化とかいろやってきて、一区切りついたところなので、お知らせします。
WebSVN-150beta3で日本語表示が一部可能になりました。設定ファイルで修正できます。

また、一部の表示のバランスが悪いところがありますが、これは以下ある場所でnobrタグをはさむことで対処できます。
場所については申し訳ありませんが、listing.phpの行186にあるとだけ言わせていただきます。

Posted by masamic at 19:06 [Subversion] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2004年06月16日

Solaris9でSubversion1.0.5

"SunFreeware.com Freeware for Solaris"
からSubversion1.0.5がリリースされた。

以下のファイルをダウンロードする必要あり。

subversion-1.0.5-sol9-sparc-local.gz

HTTPプロトコルやWebDAVを使用する場合
apache-2.0.49 (note that apache2 may also need to have openssl installed),
が必要。(HTTPSプロトコルを使用する場合は、opensslをインストールし、subversionのリコンパイルが必要)

その他必要なパッケージ
db-4.2.52.NC,
expat-1.95.5,
gdbm-1.8.3,
libiconv-1.8,
libxml2-2.6.4,
zlib-1.2.1
後必要に応じて libgcc_s.so.1 is needed, you must install either gcc-3.3.2 or higher or libgcc-3.3 There are some additional installation steps you must follow.

ということだそうだ。

Posted by masamic at 16:06 [Subversion] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2004年05月12日

Subversion関連書籍

ココログプラス・プロで利用できるアクセス解析機能で検索フレーズを知ることができるのですが、Subversionの書籍について検索している方がいらっしゃるようなので、以下にSubversionに関連する(私が持っているもしくはAmazonの発送待ちの)書籍を記します。

「WebDAVシステム構築ガイド ――Apache/IIS/Subversion/Jakarta Slide」 宮本 久仁男・山田 泰資・渡邊 剛 (共著) 技術評論社 ISBN4-774119113
     しかしながらSubversionに関する記述は少ないです。必要最小限といってよいでしょう。メインはWebDAVですからね。

「Practical Subversion」 Garrett Rooney (著) Springer-Verlag New York Inc ; ISBN: 1590592905

「Version Control With Subversion」 Michael Pilato (著) Oreilly & Associates Inc ; ISBN: 0596004486
     おそらくこれのインターネット日本語版が公開されています。

Posted by masamic at 22:05 [Subversion, 書籍・雑誌] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2004年04月27日

SubversionとWebDAV(その3)

Seubversionとsolaris9(その3)の続きでもあるのだが、AutoversioningつきでファイルをPUTできることを確認した。
また、WindowsXPのネットワークプレイスに(例)https://svnserver/testrepoを作成し、フォルダを作成すると、リポジトリに「新しいフォルダ」が作成されリビジョンが更新される。漢字もUTF-8に変換されているようだ。

Posted by masamic at 20:04 [Subversion] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2004年04月25日

SubversionとSolaris9(その3)

SubversionとSolaris9(その2)で書き漏らしましたが、結果PUT以外のWebDAVが使用可能になりました。まだ、Autoversioningの設定とかの動作確認はしていないので、ドキュメント放り込んでもどうなるかは解りませんが、ま、テスト用リポジトリを作って入れてみれば確認は簡単。

Posted by masamic at 16:04 [Subversion] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2004年04月21日

SubversionとSolaris9(その2)

何とかできたみたい。
Freeware for Solaris のページから openssl-0.9.7d のパッケージ版をインストールしてもうまくいかない。opensslのソースから構築し、バイナリおよびライブラリのインストール先を/usr/local/binや/usr/local/libにする必要があるみたい。

Posted by masamic at 23:04 [Subversion] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


SubversionとSolaris9

Solaris9のSubversionクライアントにSSLサポートが入らない。どうもneonを--with-sslオプションでコンパイルしなきゃならないらしい。ということでこれからやってみる。

Posted by masamic at 19:04 [Subversion] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


SubversionとWebDAV(その3)

HTTPSプロトコルで処理しようとしたら、SunUltra5(Solaris9)のSubversionクライアントがSSLをサポートしていなかった。openSSLを入れて、つくりなおさないといけない。

Posted by masamic at 15:04 [Subversion] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2004年04月20日

SubversionとWebDAV(その2)

SubversionのApacheWebDAVモジュールはしっかりインストールされているようだ。
httpd.confの書き方に苦労したが、

# svnadmin create /path/to/my/repository

とリポジトリを生成した場合に、

httpd.conf(subversion.conf)には、

SVNPath /path/to/my/repository


と同じにしなければならないということだ。

たいぶ解ってきたぞ。

Posted by masamic at 14:04 [Subversion] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2004年04月16日

SubversionとWebDAV

SubversionはWebDAVのバージョニングシステムとしても利用できる(つか、巷ではそっちのほうばっかり紹介されているが)。
BerkeleyDBとSubversionをソースから構築したけど、Apache用のモジュールができているかはまだ確認していない。WebDAVを使ってドキュメントの管理ができるといいかなぁ。とか思っちゃったりなんかしちゃったりするので、来週はその確認をするかな。

Posted by masamic at 23:04 [Subversion] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2004年04月14日

FedoraCore1とSubversion(その3)

commitもできるようになったし、開発用マシンSunUltra5にsubversionクライアントをすでに入れているので、これで、開発用マシンで、subversionが使えそうだ。

Posted by masamic at 16:04 [Subversion, パソコン・インターネット] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2004年04月13日

FedoraCore1とSubversion(その2)

とりあえずリポジトリはできるようになった。svnserve経由でcheckout もできた。
基本的に pthreadmutexes を enable しないようにして、BerkeleyDB4.2を再生成すればよいようだ。
もちろん、SubversionはこのDBライブラリを使用するように再コンパイル(厳密に言うと再リンクか)が必要。

Posted by masamic at 20:04 [Subversion, パソコン・インターネット] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


FedoraCore1とSubversion

Subversionのリポジトリを作成しようとしたら、BerkeleyDB関連のエラーがでる。

# svnadmin create /svnroot/myrepo
svn: Berkeley DB error while creating enviroment for filesystem /svnroot/myrepo/db:
Invalid argument

理由がよくわからないので、BerkeleyDBとSubversionをコンパイルしなおした。
APRも関係あるかな。再コンパイルとインストールが終わったら試してみよう。

ググって見たら、bugzilla Bug#115306(これは解決済み)とbug#91933があったので、既知のバグなのか。疲れた。

Posted by masamic at 18:04 [Subversion, パソコン・インターネット] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)