カテゴリ:TRON


2011年10月07日

[映画] はやぶさ/HAYABUSA (20世紀FOX) ネタばれなし

2010年6月13日、小惑星探査機はやぶさが地球に小惑星イトカワのサンプルを持ち帰ってきたことの記憶にあるものも多いだろう。国民的人気を得ることになった「はやぶさ」の物語は、合計4つもの映画化がされることになった。

最初に公開されたのは、はやぶさが戻ってくる前から、全国一部のプラネタリウムで上映された「HAYABUSA - BACK TO THE EARTH」(HBTTE)は純粋なドキュメンタリーで、はやぶさの到着後の事実を追加してプラネタリウム向けの湾曲したスクリーン投影していたものを、劇場用の平面スクリーンに投影するものに変更したものである。制作費もすでに作成され上映されている作品を劇場用に変更しただけであったため、料金は500円だった。

さて、本題の「はやぶさ/HAYABUSA」の話に入りましょう。

20世紀FOX版はドキュメンタリーではなく、運用していた7年間+開発期間のプロジェクトに参加した「一人の架空の女性」(実際のはやぶさプロジェクトの複数メンバーたちの役割の一部を統合した役割を与えられている)を中心に、プロジェクトメンバーたちの物語として若干脚色して作成された。

この映画で特筆すべきなのは、どれだけモデルになった人の振る舞い言動心意気をコピーして、本物らしく演じることだった。なので、ずっとはやぶさプロジェクトを応援してきた人が見ると、「あるある!」「そうそう!」とくすくすと笑える、もちろんそんな事情を知らない人でもメンバーたちの熱い演技でストーリーに引き込まれることは間違いないです。

あと一つだけ、この映画では、はやぶさが満身創痍になりながらも地球に帰還できた一つの理由として、はやぶさの前に運用していた火星探査機「のぞみ」の失敗を引き合いに出して、「あきらめたらそこで終わりだ」というメッセージを前面に出している。

最後に「なぜハリウッドの20世紀FOXがこの映画を作ったのか?」というのが疑問として出てくるかもしれない。20世紀FOXは、はやぶさの功績は世界中の人が知っており、この物語が世界配給が可能だと判断したからだそうだ。

映画の説明は以上ですが、2012年に後2本、東映版と松竹版のはやぶさ関連の映画が公開される予定です。

東映の「小惑星探査機 はやぶさ-遥かなる帰還-」はメンバーの家族に焦点を当てた内容とされる。
松竹の「おかえり、はやぶさ」は3D映画として、「HAYABUSA - BACK TO THE EARTH」と「小惑星探査機 はやぶさ-遥かなる帰還-」を合わせたような内容になりそうです。当然脚本も違います、

以上、はやぶさのいように探査機の話が映画化されることも初めてですし、4本もの映画化がされた例も初めてでしょう。それだけ、日本中のはやぶさフィーバーの大きさが如何に大きかったかが判ります。

Posted by masamic at 17:10 [TRON, 映画・テレビ, 科学・技術, 航空・宇宙] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2006年12月27日

きく8号(ETS-VIII)アンテナ展開完了!

JAXAの26日22時30分のプレスリリースにより、きく8号(ETS-VIII)の遅れていた送信側アンテナの展開も完了したとの事。

このアンテナは公式発表としては世界最大の静止衛星アンテナ※であり、地上の小型(ポータブル)基地局とも最大1.5Mbpsでの通信が可能なものだ。

今回の実験では予定通り正常に展開されるかどうかが懸案であったが、無事展開を終了した。

※非公式にはいろいろと噂があるようだがここでは言及しない。

追記)

今回使用されたパラボラアンテナ展開機構は国立天文台のプロジェクトVSOP-2のために打ち上げられる次期宇宙空間電波干渉計(電波天文)衛星(ASTRO-G)にも使われるようです。

Posted by masamic at 00:12 [TRON, Wireless, 科学・技術, 航空・宇宙] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2006年12月07日

TRONSHOW2007に行ったためにH-IIA-F11はむりぽ

丁度東京への出張がてら、TRONSHOW2007に行ってきた。
昨年は行けなかったので満足だ。

でも、いろいろ買っちゃったので、H-IIA-F11(ETS-VIII)を見に行くのは難しそう。
H-IIA-F11の機種はH2A204という、SRB-Aを4本使った形式なのでできれば見たいところ。

まあ、H2A204はH2A202とともにH-IIAファミリーとして当面は存続するみたいだから、次回打ち上げの機会があるといいのだが。
#来年度打ち上げの月探査機SELENEが月周回軌道に3トンなので、これにH2A204が使われる可能性はあるかなぁ?

Posted by masamic at 19:12 [TRON, アウトドア, 旅行・地域, 科学・技術, 航空・宇宙] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)


2006年12月04日

東京へ出張中

小熊さんの日記「底に哀はあるの。2006年12月4日(月曜日)より、

明日からのTRONSHOW 2007ですが、私の動態展示はありませんので、悪しからずご了承下さい。

えぇぇぇぇぇぇ、期待して東京にやって来たのに…(なにを?

ま、それはいいけど、一ヶ月ぶりのエントリです。いろんな事しすぎだな。手が足りない。今週末もencafe SNSのサーバ&システム更新でなんとなく休み一日分無いし。

明日はお客さんのところに行って打ち合わせ。夜はencafeの中の人と呑み。
明後日はTRONSHOW2007&熊本へ移動という予定です。

ではでは。

Posted by masamic at 23:12 [TRON, 仕事] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)


2006年07月23日

次回BTRONクラブで発表するか?

熊本に転勤になってすでに2年。
BTRONクラブに参加できていないのがちょっと不満な今日この頃。

2005年度最後の第68回例会が先日行われた(このときの発表資料が自宅に送られてきた)が、何やら発表が目白押しで、興味を引く発表もいくつかあったようだ。

ああ、1999年にこれらの発表があって、なおかつそこで目指された目標が実現していたら、当時自分の考えてたこと(自分のwebページで仕様を練っていたやつ)も実現してたかもしれない…。

とか思いつつ、1999年のネタをベースに何やら発表したくなってきた。もっとも、物がないのであくまでも机上案レベルの発表になるけど。

次回(次年度)の第69回例会は10月だ。ペーパー書くかなぁ。

タイトルは小田さんの発表をもじって「FORTHとBTRONのいい関係」とかw?
TAD WG の発表も参考にする必要があるか。

これから3ヶ月間はいろいろあって忙しそうだ。体調壊さないように注意しなくちゃ。

Posted by masamic at 20:07 [FORTH, TRON] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2005年11月19日

昨日同僚との話したときにひらめいたボードゲームプラットフォーム

昨日同僚とボードゲームや可動フィギュア(および食玩フィギュア)およびテレビ番組の著作権管理および配布システム(話がもっと広範囲に及ぶのでとりあえずこのくらい)の話をしていたときに、ある六角形インテリジェントブロック(フィギュアスタンドなど、ブロックの大きさによってはカード置きでも可)システムをひらめいた。

詳しいことはアイデアのオリジナリティの関係で書けないが、いっちょまじめに提案書(プロポーザル)かいてみるかな。(嘘

Posted by masamic at 22:11 [TRON, Wireless, センサネットワーク, パソコン・インターネット, ボードゲーム, 科学・技術, 電子工作] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2005年06月07日

BTRONのバイナリ実行

小熊さんの日記「底に哀はあるの。」の2005年6月7日の記事Part2から。

BTRONのファイルシステムはマルチレコードになっていて、ファイルは複数のレコードから構成されます。ちなみにUnix系OSやWindowsは1ファイル1レコードです。Windowsなどでは一つのファイルが一つのファイル形式(特にWindowsの場合これを拡張子で識別する)を持ちますが、BTRONの場合ファイルを構成する各レコードがレコードタイプを持ちます。このレコードタイプは32種類で、0~15までが規定されています(16~31はアプリケーション規定)。 <中略>  折角の機構を実装で台無しにしているように見えますが、気のせいでしょう、タブン。でもT-Shellのことを考えたら、本当はそういう機構を用意しとくべきだったんじゃないかと思わなくもないですなっ。

あぁ、私も6年前に同じこと考えてましたよ。BTRONの実身・仮身システムをそのまま利用した、分散FORTHシステムを検討していたときです。厳密には分散機能ではないのですが、あるワード(実身)がリモートにある場合、このワードを実行する際、自分のアーキテクチャに合わせたオブジェクトをコンパイル・実行する、また、コンパイルした結果はリモートのワード(実身)に反映されるように考えていました。実身の仕様が実行オブジェクトレコードを複数持てるようになっていたからです。ですが、当時のBTRON実装ではこれが実質不可能なことが判り、将来この機能が利用できるようになるまで、この実装の検討はペンディングしています。よって、今もペンディング中です。

その代わり、今は、Windows環境で分散FORTHを現在検討中です。この実装結果をBTRON(T-Shell)用分散FORTHに反映する予定です。

BTRON用分散FORTH環境…。何年後に実現できるんだろう。

Posted by masamic at 19:06 [FORTH, TRON] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2005年02月14日

NTTドコモのLinux携帯のホストOSはITRON

パーソナルメディア社 TRONWARE No.91 「あれからどうなった?Windows、LinuxとITRONのいい関係」 より。

NTTドコモが販売するW-CDMA携帯電話(FOMA)のうちNEC N900iL/N900iCおよびパナソニック P900iCMontavista Software社の Montavista Linux が使用されているが、Montavista Software社によると、Linuxカーネル自体はゲストOSであり、ホストOSはITRONであることを明らかにしている。つまり、Linux携帯電話で動作するMontavista LinuxはベースがITRON(T-Kernel)で、その上でLinuxカーネルが動作するように構成されている。

まあ、どう考えたって、通信制御に普通のLinuxは使えないのは判っているし、しかし、ユーザーインターフェースや、ネットワーク機能はLinuxが使いたい、しかもマイクロプロセッサは一つだけ、という制約の元では、おのずとその形態が決まってくる。

それは、通信制御などコアな部分を処理するためにはハードリアルタイムな処理ができるITRONを使い、その上にLinuxを乗っけて、その上でアプリケーションを動かすということだ。

Windows CE
についても、スマートフォンを実現するためには通信制御部にはハードリアルタイム処理が必要であり、マイクロソフトにはその技術は無い。そのため、Linux携帯と同様にベースにはITRON(正確にはT-Kernel)を使用することが事実上決まっている。

ITRONとそれを継承しブラッシュアップしたT-Kernel/T-Engineの世界は、メジャーOSとの連携により、より一層強固なものとなっているといえよう。

しかし、Symbian OSの動向が気になる。

Posted by masamic at 13:02 [TRON, 携帯・デジカメ, 科学・技術] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2004年06月05日

生坂村健

今講演中
040605_1343001.jpg

Posted by masamic at 13:06 [TRON, パソコン・インターネット] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)