カテゴリ:xUnit


2005年11月11日

体調が悪い

ここ最近体調が悪い。どうも風邪を引いているようだ。巷でも風邪がはやっているようだ。土日は予定もないし、ゆっくり養生しますか。

仕事のほうも若干遅れ気味ながら着々と進んでいる。特に無理をせずに作業は出来ているが、ほかの同僚に若干負担が大きいのが、申し訳ないような。とはいっても自分も無理は出来ないので、仕方ないんだけどね。

計算処理系の問題はやはりS式の取り扱いに一貫性のない部分があって、Consリスト以外は基本的にAtomとするように整理したら、ちゃんと動くようになった。よりLISPに近づいたわけだw。単体レベルのリグレッションテストでJUnitを使っているので、多分品質は以前より悪いということはないだろう。

Posted by masamic at 21:11 [Java, LISP, xUnit, 仕事, 心と体] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2005年09月28日

単体テスト

あぁ、やっぱプログラマからの立場から考えるとついつい甘くなっちゃうなぁ。

ちょっと意地悪なフォーマットの文字列とか与えんとダメだね。
そこまで意地悪くしなくても、結構いいコードのデバッグと最適化は出来るんだけどね。
いかんせん能率が悪い。詳細設計書なんて無いしw。テストコードが詳細設計(&テスト仕様)書だから。
でも JUnit の使い方もほとんど解ったし、何とかなるでしょ。

Posted by masamic at 19:09 [Java, xUnit, 仕事] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


2005年09月08日

JUnitで単体テストの自動化

ということで、使いたいと思いながら長らく使う機会がなかったJUnitを本格的に使う機会に恵まれることになった。

ここ何年も既存ソフトの改造とかの仕事が多かったので、まともに単体テストスイートを使えるようなコードが少なかったせいもあるけど、「今頃かよ!」という声が聞こえてきそうだ。

でもやっぱ楽やねぇ。テスト技法の基礎に則ってきちんとしたテストコード書いておけば、ターゲットコードの修正による挙動の変化を検知できるし、IDE(たとえばEclipse)を使えば、リビルド毎に自動的にテストしてくれるので、ホント良いわ。まあ、makeとかAntとかでも同じことは出来るけど。

まあ、中間記法からS式への変換処理およびS式の生成・操作・評価・管理処理のテストなので、テスト項目自体はあまり無いのだけれど、それでもずいぶんと楽になった。

本来なら、テストファーストでテストプログラムを先に書きながら、ターゲットコードを書いていくのだけれど、そこまでは出来なかった。それでも、テストコードを書くことで仕様も明確になるので、テストコードを書いてテストしていくにつれ、ターゲットコードの質も結構上がってきている。いいことだ。

と、かなり楽しんでいるので、FORTHの移植とか、Free Lisp Library for Java とか進まなくなってきた。orz

Posted by masamic at 21:09 [Java, xUnit, 仕事] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)